誰でもっいっているようなものがたり、古文の小さな字でまた古文の調子で読んでもすぐわからないので漫画で読んでみると、恐ろしく早く読めたので驚きました。70歳近くなって再び読んでみると本当にいい物語だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがで読む竹取物語・宇治拾遺物語 (学研まんが日本の古典) [ いつき楼 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/10/8時点)

楽天で購入

 

 

竹取物語は日本で最初の物語で平安時代の最初に書かれたのだろうとされています。いつも思うのですが当時はこのような作品はほかにもたくさんあったはずで、あとはなくなってしまったというのは今日までのこっているのが、非常に価値があったのだろうと思います。富士山のいわれについて帝が不老長寿の薬を富士山で焼かせたとか、ここで不死山とか、武士がたくさん富士山に登ったとか(士が富むやま:しがとむやま)とかの発想があったのは非常におもしろい話で、この時代は富士山は活火山でもうもうと煙を吐いていたのだろうと思います。またかぐや姫に求婚する一人に石上のまろたりがツバメの子安貝を持ってくるようにいわれたのをつかんだのは子安貝でなくツバメの糞だったのを「ああかいがない」というあたり本当にだじゃれですが今でいえば吉本もしのぐような作者がおもしろい人だったと思います。

投稿者 7587_ahtyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA