孟宗竹を切ってあとで半分からうえについている笹を払うことにしている。この笹を払わないとうまく竹を積んでいくことができない。今までは笹を切るのにチェ-ンソ-か磨いた鉈でこの笹を払っていたが教えてもらったようにちょっと太い鉄の棒でも十分であることが分かったし結構きれいに笹の枝が落ちることが分かった。チェ-ンソ-やなたで笹を落としていくのは大変危険なこともある。場所が大変急なところであったりすると危険である。

 

右側のカスガイの一方のとがったところを切ったような鉄の棒で簡単に笹を落とせる。従来は左の鉈を使っていたがこれは大変、危険。

投稿者 7587_ahtyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA