古くなったノ-トPCを改造。メモリが4Gではちょっと動きが遅い。CPUファンもごみだらけになっている。吸気口と排気口もごみが詰まっている。これではPCも苦しいだろう。早速、後面をあけて中身を見てみる。案の定、中はゴミだらけ。PCは通電していなくてもバッテリがあるので周りのごみをひろってくるのだろうと思う。ファンを外して中を分解。ファンのケ-スはプラスチックで接着しているのでカッタ-で削って外す。ファンを水洗いしてごみを取り除く。長年使っていると苔が生えたようにファンのフィンにごみがこびりついている。完全に取り除くのはむつかしい。超音波洗浄機があればきれいに取れるようだがこれはもっていない。ファンを外すときに注意しなければいけないのはファンについているリ-ド線が細いのでこれを傷めないこと。あとファンのケ-スの接着はグル-ガンで接着。購入した追加メモリを装着。そしてCPUの放熱のためにCPUグリスを塗っておく。今回はそれほどグリスが乾いていなかったけど念のために前のものを丁寧にふき取って塗りなおした。そしてHDDを取り換え。前のHDDはやっぱり遅い。最近はSSDが一般的のようだ。これは中のドライブが回転しないのでギリギリと音がしない。多分USBメモリが大きくなったようなものかと思う。以前はこんな場合は再インスト-ルだったけど今は便利なソフトがあるので便利。あと欲を言えばキ-ボ-ドの交換とCPUの付け替えがしたいのだけど今回はここまで。キ-ボ-ドはどうしても下にごみが溜まる。液晶パネルは今回はしない。できればしたいけど。かかった費用は概算でSSDが8,000円、CPUグリスが800円、グル-ガンが2000円、メモリ4G 2500円と1万3,300程度になった。改造の工程が多いので一部しか動画でとれていない。

 

投稿者 7587_ahtyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA