インボイス制度、名前からして関係ないと思っていたが大ありだった。内容は消費税の事だった。要は何かの対価をもらってそれが消費税込みのものであれば今までは1000万円以下の免税業者であれば差し引きの消費税を納めなくてもよくなっていたが今まで通り免税事業者であれば家賃なんかの収入に含まれているような金額から消費税の分を差し引かれて支払いをされることになってしまう。従っての消費税の課税業者にならないと従来通りの金額を受けることができない事になる。

インボイス制度の登録は零和3年10月1日から零和5年3月31日まで登録申請手続きを行う必要がある。申請をすると番号ををもらえる。しかしすぐ番号がもらえる訳ではない。

登録をするとは課税事業者になるということ。登録申請が完了していないと適格請求書が番号ないとが発行できない。

消費税は原則方式と簡易方式がある。原則方式は差し引きで納付、簡易は受け入れた消費税の40%の支払いとなる。免税事業者は課税事業者になる。登録申請が必要。もし課税事業者にならず免税事業者のままでいると支払いをする取引先は免税事業者からは適格請求書が発行されないということになると消費税分を支払うことに意味がなくなるので消費税を差し引いた金額を支払う事になる。

投稿者 7587_ahtyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA