今日一日の出来事から

農作業やPCその他もろもろ

「有名大学の出身」という学歴にこだわる人

東京都内の一流大学に通う、田中彼は、幼い頃から学歴にこだわりを持つ人だった。彼の父親は、地方の大学を卒業し、大手企業に就職したものの、学歴の壁にぶつかり、昇進に恵まれなかった。彼の父親は、彼には絶対に自分と同じような思いをさせまいと、幼い頃から勉強を厳しくさせた。

彼は、父親の期待に応えるために、勉強を頑張っていた。彼は、頭がよく、勉強も得意だった。そのため、中学受験では、第一志望の高校に合格することができた。高校でも、彼は学業成績でトップを維持し続けた。そして、大学受験では、第一志望の大学に合格することができた。大学で学びながら、将来は父親のような悔しい思いをしないように、自分を高めていきたいと思っていた。大学では国際関係学を専攻した。彼は、英語が得意だったため、将来は国際的に活躍できる仕事に就きたいと考えていた。

彼は大学生活を充実させようと、勉強だけでなく、サークル活動やアルバイトにも積極的に参加していた。彼は、大学で多くの友人を作り、充実した日々を送っていた。しかし、ある日、ある出来事によって、学歴にこだわる自分の考えを改めることになる。ある日、大学のゼミで、あるプロジェクトに参加することになった。そのプロジェクトは、国際協力に関するもので、彼は、海外のNGOと協力して、貧困地域の支援を行うという内容だった。そのプロジェクトに参加することで、国際協力について学び、将来の自分の仕事に活かしたいと考えていた。プロジェクトが始まり、彼は、海外のNGOのスタッフと交流するようになった。彼らの熱意と情熱に触れ、国際協力の大切さを実感した。

また、、プロジェクトに参加している他の学生と交流する中で、彼らの学歴やバックグラウンドに関係なく、みんなが同じ目標に向かって努力していることを知った。彼は、それまで、学歴がすべてだと考えていたが、プロジェクトに参加することで、自分の考えを改めるようになった。

彼は、学歴は大切なことだが、それだけではないと考えるようになった。学歴よりも、人柄や努力が大切なのだと気づいたのだ。彼は、将来は、学歴にとらわれず、自分の努力で夢を実現していきたいと考えるようになった。彼は、大学を卒業後、国際協力に関わる仕事に就いた。彼は、自分の経験を活かして、世界中の人々を助けるために、これからも努力していくつもりだ。

「有名大学の出身」という学歴にこだわる人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る