ピ-マンの収穫

一畝だけのピ-マンを収穫する。朝早くといっても朝7時頃からはさみとバケツを持って15分程度つみ取っていく。15分程度で小さいバケツ一杯になっていく。これをこれも小さいバケツに詰めて産地直送の市場にもっていく。1袋4~5個程度入ったものが50円の値札を張って陳列台に並べていく。ここはもう昔ながらの市場ではなく生産者が直接持ち込みできるような仕組みになっている。こうしたところは結構多くなってきているようだ。初めてこのシステムを見たのは少し大きなス-パ-の一角にそのようなコ-ナ-がありそこでは生産者の顔写真付きの野菜が並べてあった。その時こんなシステムもあるのかと思った。近くに以前ホ-ムセンタ-があってそこは最近ホ-センタ-が改装されて産直市場になっていた。私の家では広くはないが少々の畑があり蜜柑や野菜を自家用に生産していた。従来は近くにこれも市場がありそこに近いこともあって取れた野菜を出荷といってわずかなもだったが出していた。子供のころとか若いときは仕事から帰ってきたら市場に取れた野菜を軽トラに積んで持っていくのが自分オ仕事だった。子供のころから夏は稲刈り冬はシイタケの原木切り、春は冬に切った原木にシイタケの植菌作業という繰り返しだった。学校を卒業して就職してもこの作業は休みには続いた。小学生の子供が自転車の後ろの荷台にダンボ-ルに野菜を入れたのを積んで10キロ程度離れた市場にもっていってそれをならべて係の人から伝票をもらってくるのが私の仕事だった。でもそんな市場も時代の流れで小さな市場は統合されて近くに少し大きな市場になりそれもなくなってしまった。こんな田舎でも流通の形が変わったのだと思う。市場のシステムは生産者の出荷、仲買の競り、小売りとなるのだろう。ここで生産者の原価の倍以上で品物が店頭に並ぶ。消費者は高い野菜を買わなければならない。数年前に自分が市場に出した蜜柑が1玉5円だった。同じような蜜柑が1玉90円で売られていたのに驚いた。今のように生産者が価格を独自につけ消費者が自分で選んで買うシステムがあれば確かにいいと思う。最近はコロナや大雨の被害で野菜がずいぶん高くなっているようだ。頭のいい人はこんな時にお金もうけができるのかなと思ってしまう。

酷暑の中で田んぼをひく

気温34度の中で田んぼをひくことにしている。このトラクタ-は中古で購入した。しかし水温が上がりすぎてオ-バ-ヒ-ト寸前だったりした。水蒸気の排気が吹いたり運転しているとやたらにキ-が暑くなる。昨年はそのため田んぼが引けなかった。草刈り機でおおよそは刈ったがしょせん表面の伸びているところからしか刈れない。草が伸びてくると耕すことはできず伸びている草を押し倒していくだけなのでただ踏んでいくだけのようになる。おまけに草がロ-タリ-の主軸に巻き付いてしまうので深く引くことはできない。所詮中古の古い機械なので仕方がないとは思うけれど。あの車の中古車を買う感覚に似ているかもしれない。1週間前に草だけ刈ってこれからちょっとだけでも引こうかと思ったら雨が降ってきてこの時は引けなかった。この時、トラクタ-のエンジンをかけてロ-タリ-を上げようとしたら上がらない。この機械はマイコン制御になっているがマニアルを見てもわからない。近くの修理工場に事情を話して修理を依頼。2日後、コントロ-ルボックスの不良。古いので部品がないという。どうしようもなかった。手動のオンオフスイッチでロ-タリ-を上下さすというのだがこれが全くもって使いにくい。しばらく使っているとなぜか電気的な動作が働いたのかロ-タリ-の上下ができるようになった。よくわからないがおそらくは電気的な基盤の配線の錆が原因だろうと思う。雨ざらしの中で放置しておくと配線の銅部分が錆で電気が通らなくなる。これだろうと思う。しかし奇跡的に動くようになった。誰かが助けてくれたような気がした。高い気温の中、作業していると体が焼けこんでしまうように暑い。特に長靴が焼けて足が痛くなる。でも上代の人の農作業はこのようなことをはるかに凌ぐ過酷なものだったと思う。たとえ牛馬を使ったものであったてもと思うと今の時代は恵まれているのだろうと思う。

 

スイカがやられた

犯人はハクビシンかカラスか何か知らないがスイカがやられてしまった。次からはここの畑はあきらめて違うところの畑に植え付けしようと思う。去年もちょうどこんな具合にやられてしまった。袋とかコンテナをかぶせてもいいがちょっと面倒。さすがに2年続くと嫌になってしまう。

稲の花がちらほら

稲の花が咲きはじめる。まだところどころであるがこれが出そろってから一か月ぐらいたつともう稲刈りが始まる。早いものだと思う。ほかの多くの田んぼではもう出そろってきているところもあるので今年は稲刈りが早いかもしれない。

雨で倒れてしまった

今朝がたの雨で無残に倒れてしまった。このところ成長が早いのでクリップの位置がした過ぎたのだろう。水田の方はこの雨で水を入れなくてもよくなったが。雨と風の合間を見て補強する。オクラは細かいとげに皮膚が触れるととてもかゆくなる。

ハクビシンにやられたか

トウモロコシがやられてしまった。去年はこういうことはなかったが。最近は畑に小動物が出没するようだ。昼間は見かけないが夜になるとどこからかやってくるようだ。畑で見たことはないけれどトウモロコシを見た感じ鳥ではなさそうなのでハクビシンのような動物だろうと思う。

雨が降ると作物の成長が早い

雨上がりのあとは作物の成長が早い。京芋が大きくなった。スイカはもう実がついていた。スイカは雄花をとって雌花に受粉するのが一般なのだがこの畑は虫が多く受粉させないでも勝手に虫がやってくれるようだ。

草とり

しばらく見ないうちにまた生えてきた雑草。この草はイチゴのシトロンのように伸びてくる。ツルのように伸びた茎が地面にへばりついて小刻みに杭を打ったようにしながら伸びていく。それで簡単に外れない。たったこれだけで暑くて汗びっしょりになった。